新電力会社を徹底比較 ※家庭向けの電力会社の見積もりはこちら

新電力 メリット 電気代を節約するための新電力

電気代を節約するための新電力

 今まで電気の節約といえば、待機電力を消費しないようにする、照明をこまめに消す、冷蔵庫を開けっ放しにしないなど、使う家電製品に対してどうケアしていくかがその節約方法でした。それはこれからもしていったほうが良いことですし、とても効率的な節約です。

 

しかしこれからは、電力をどう消費するかはもとより、どこと契約すれば良いのかが大事になってきます。

 

これは電力そのものの節約というよりも電気代の節約に直結することですが、だからこそ見逃せないことです。

 

 それは新電力と呼ばれる電力で、一軒家はもちろんのこと、マンションやアパートなどの集合住宅に住んでいる人もその対象となり、ほぼ全世帯において関わりのあることです。

 

新電力にして電気料金が安くなるならこれはとても嬉しいことですし、それによって大幅な節約が可能になるならばやらない手はありません。

 

それに類する手続きもなるべく簡略化してできるように配慮されているようですし、それならば新電力を利用したほうが良いです。

 

つまり、今後は各世帯ごとに契約するところが変わってくるという状況になってもおかしくないです。

 

それを考えると新電力はとてもおもしろいですし、だからこそ真剣に考えておかなければならないことです。

新電力で気になるのは安定性

 

既存の電力会社と比較して、新電力は電気代が安いのが魅力です。

 

電気代は毎月、必ず発生するものですから、1割安くなるだけでも、大幅なコスト削減につながります。

 

大量の電気を消費する工場などにおいては、新電力を利用するメリットが大きいです。

 

ただ、新電力を導入するにあたって気になるのは信頼性です。

 

新電力はまだ歴史の浅い存在ですから、既存の電力会社と比較すると、電力の安定供給という面で不安を感じる人もいます。

 

もしも、何らかのトラブルが生じて送電がストップして、停電が起きてしまっては大変です。

 

いくら電気代が安くても、ときどき停電が起きるのでは困る、と考えるのも当然です。

 

しかし、実は、新電力には電力を安定供給するための特別な工夫が施されています。

 

それはバックアップシステムと呼ばれるもので、簡単に言ってしまえば、新電力にトラブルが起きたら、既存の電力会社が代わりに電力を供給するというシステムです。

 

このシステムがあるおかげで、新電力を選択しても、停電が起きる可能性が上がったりはしません。

 

むしろ、新電力は規模の小さな事業者ですから、既存の電力会社よりも、消費される電力量の変動が少なく、停電が起きる可能性は低いとさえ言えます。